トップページ | 2003年12月 »

the brown bunny

ブラウン・バニーバッファロー66」でこんなカワイイダメ男なら許すかも・・・と、ダメンズになぜかいつも捕まってしまう女子に勇気を与えてしまった(かどうかは不明の)ギャロの新作、the brown bunny。

“前代未聞のバッシングと賞賛の嵐を巻き起こし、各メディアの賛否両論バトルにより図らずしも2003年カンヌ出品作の中で最も有名な作品となった”なんぞ聞いては、観ない訳には。

バッファロー66よろしくギャロの俺ワールドが延々続くのだが、ハッキリ言って途中まではヌルい。間違っても寝不足を押して観にいくのは危険。軽く落ちる。

ブラウン・バニーしかし何といってもラスト20分の衝撃。それまでのヌルい展開が全て繋がる。そして一気に目が覚める。間違っても(しつこい?)初デートで観ちゃいけないほうのエロ(→サントラのジャケで察して)。しっかしクロエったら凄すぎ。これ見せられた日にゃ、ちょっと脱いだぐらいで「体当たり演技」とか称される世の女優が軽く霞むよ。

ん? あれ・・?観た直後はラストの衝撃に頭が追いつかなかったのか、久々に1800円も払って観てしまったからか、後味悪くイマイチとか思いながらコーヒーを飲んだはずなのに、こうやって書いてると相当面白かったみたいな気がしてきた。

公式サイト:「the brown bunny」

| | コメント (0)

死ぬまでにしたい10のこと

平日仕事帰りににダッシュせず映画が観れるヨロコビ!六本人の恩恵に預かり、ヒルズ勤務のM嬢を誘ってユナイテッドシネマ最終の回。森ビルでキル・ビルってのもお後がよろしいケド、ストレス組女子2名、ここはひとつ「ジワ泣き」と評判のこちらを。

死ぬまでにしたい10のことエンドロール流れ、そこの女子2名ご満悦。
「死ぬまでに・・」というタイトルながらも、死に向かう姿がクローズアップされるんではなく、「生きてる今」に焦点が当てられているから、「僕の生きる道」的な重たい感じも、いかにも泣かせよう的な展開でも無く(「僕の・・」はまんまと泣いた)。そして映画全体の雰囲気や登場人物の愛らしさに、グっとくる。映画を観終わったあと独特の“シアワセ感”漂う。昨今失い掛けていたオリーブ少女ホルモン分泌。

公式サイト:「死ぬまでにしたい10のこと

| | コメント (0)

そのうちブームはやってくる

と信じて、いち早くブログ始めてみます。来るって絶対。
これ以前にTypePadでやってた分はサムいので抹殺。いつまで続くのかしらー。

| | コメント (0)

トップページ | 2003年12月 »