« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

ルミネ the よしもと de BIRTHDAY

昨日のSOULSETライブの興奮冷めやらぬまま、一眠りして再び新宿参上。相方がルミネtheよしもとのチケットを取ってくれた。一度行ってみたかったのでプチ感動。

名前ぐらいしか知らない芸人さんから、テレビでおなじみの人まで、そしてハタマタ吉本新喜劇まで、非常に楽しい2時間。これが毎日ここでやってるんだから、来年も行かない手は無い。という訳で笑いと共に26歳事始め!笑う門には福来る・・・ことを願う!

ルミネ theよしもと

| | コメント (0)

ラブストーリー

自由記入欄に切り札的コメントで、ここんとこ試写会当選率絶好調。リカコ旦那の主演の日中合作映画「最後の恋、初めての恋」も当たるが、アツロウの演技は最近うっとおしいので、「猟奇的な彼女」の監督の新作「ラブストーリー」を観た。

私の経験した試写会場史上最高の、すすり泣き。物語の後半あたりから徐々に増え、クライマックスでは「風邪流行ってんなー」ぐらいにすすり泣く音。不覚にもグッとくる。こらえて見入る。韓国200万人が号泣した・・・のも分かる。

感情移入しやすいイケメンとアジアンビューティ。「猟奇的な・・」の監督だけに笑いのエッセンスも前半随所に入れつつ。イマドキの韓国の若者に流行ってる感覚ってこういうのなんだろうなぁ。でも日本人が観ても全然楽しい。っていうかむしろこういうストレートなエンタメ映画って日本じゃ殆ど無いのかも。昨今の「冬のソナタ」ブームしかり、2004年は「純愛ブーム」なんてものが来るかもしれない、と本気で予測。

よくよく考えたら結構ベタな演出もあるんだけど、素直に感動できた自分に乾杯。「猟奇的な彼女」を観て面白いと思った人は是非見るべし。でもこのタイプの映画に感動する「男」って結構ウザイ。男は黙って「壬生義士伝」とか観てて。

公式サイト: 「ラブストーリー

追記(2005.07.29) 2004年は純愛ブーム、来たね!アタシ、いいこと言う(笑)。

| | コメント (0)

こつこつと。

手ぬぐい

代官山のかまわぬの手ぬぐいを毎月少しずつ買ってたら、いつのまにかこんなカラフルになりました。まだまだ集めます。手ぬぐい独特の和風モダンはもちろん、たぶん「手ぬぐいを買うときのテンション」が好きみたいです。

| | コメント (2)

邦画4連発

見忘れていた「ぼくんち」を借りて観る。どうみたって「東京」な観月ありさの大阪弁も、想像してたより良かった。インタビュー読むと相当気合入ってたみたい。大西ユカリと新世界とかガガガSPってのはいかにもで分かりやすいけど、純粋に良かったよ。

阪本監督といえば、来年公開の「この世の外へ-クラブ進駐軍-」も少し前の完成披露試写で。前田亜季には少し無理を感じるも、萩原聖人が微妙に中年化して半船越栄一郎みたいになってたのがイイ。会場にいた麻生久美子嬢、超カワイかった!

麻生久美子嬢といえば12/20公開の「アイデン&ティティ」、9月に完成披露試写に行ったのだが、Let's感動(©真心Bro.)これは2003年観た映画のベスト3に入れてもいいくらいの感動だった!グッとくる!峯田君最高!観るべし!

今月は古巣IMJの新作「「幸福の鐘」を観る。寺島アニキ渋すぎ。女優としての篠原涼子はアリだと思う。IMJといえば来週からまた新作「ジョゼと虎と魚たち」も公開。サントラも聴いたけどかなりイイので絶対に今年中に観にいかなきゃ。

公式サイト:
ぼくんち
この世の外へ-クラブ進駐軍-
アイデン&ティティ
幸福の鐘

| | コメント (0)

こんなものを載せるモテなさ加減





いゃまぁーあると思ってたけど。くだらねーとか思いつつ、しっかり載せてるアタシ、分かりやすー。っつーかモテねー!でもこの響きが堪らず勢い余って携帯用にもGET。忘年会シーズン、一瞬でも酒の肴にと目論みつつ。まぁ今年の流行語にもなったんだし、とりあえず流行りには乗っておくから、ひとつヨロシク。

| | コメント (0)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »