« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

誰も知らない Nobody Knows

試写会へ。カンヌ云々が無くてもおそらく観にいった気がするけど、広告批評を読んでたらどうしても早く観たくなって一般試写に応募しまくったら1つ当たった。

テーマがテーマだけに、「イイ映画」という表現は合わないけど、かなりグッときた。物語にというよりも、子供たちの自然な姿や成長、季節の移り変わりや時間の経過によって増していく悲惨さや焦燥感のリアルさに。本当に一年間、手間隙かけて撮ったのだなぁと思わせるシーンや表情が沢山あった。

「事実は小説より奇なり」的な取ってつけた不自然なシーンや、日本映画にありがちな独りよがりの起承転結も無く、さすがドキュメンタリーの人。「ディスタンス」も「ワンダフルライフ」もイマイチ好きじゃなかったけど、コレを撮るために必要な伏線だったのだと思うことにしてみる。

柳楽優弥くんは素晴らしいの一言。
今後期待大だけど、いろんな役をこなしていく俳優さんにはなって欲しくない気もする。それぐらい「この映画」の彼は素晴らしくて、やはり彼が感動を何倍にも増したことは間違いなくて、そういう点でやっぱり「主演男優賞」なのだと。ラスト近くの早朝のシーンは涙が出そうだった。周りに人が居なかったら、たぶんポロポロ泣いてたな。

「考えさせられる」って表現ほど安っぽいものは無いけれど、いろいろ思い考えながら観れる日本映画独特のテンポが好きな方には絶対におすすめ。あれこれ語りたいことがあるけどこのへんで止めときます(笑)。とりあえず今のところ、今年観た中で一番。見終わってからじわじわきてます。

2004.7.22 at 千代田区公会堂 『誰も知らない
映画のモチーフとなった巣鴨子供置き去り事件について
  (※内容が内容だけに、気になる方のみクリックしてください)

追記
メイキングDVD「誰も知らないができるまで」記事へ

| | コメント (4)

敢えてマイブームとか言うのであれば

このHPで夜な夜なスティールパンの疑似体験。夏が大嫌いな私が、唯一夏っぽくて好きなもの。この音。LITTLE TEMPOの「JEMIMA」を絶賛練習中。映画「茶の味」のサントラも入手したので、嬉しい課題は増えるばかり。スティールパン、習いたい。誰か教えて。

ロレアルパリの「スキン リファイナー サウナ マスク」のあとRMKの「SKIN SMOOTHER」の香りに癒されながら、ソファに寝転んでWOWOW(もちろんコレ)を観ること。パックの方はつけた瞬間ポカポカで、マッサージしてると今度は逆にヒヤっとする不思議系スキンケア。洗い流すとスーッとして、油田のごとき夏の肌がトゥルトゥルに。

BARKSのネットラジオ「みうらじゅんの仮性フォーク」のアーカイヴを片っ端から聴くこと。仕事中イライラしてきたら、ヘッドフォンで浮世の音を遮断してコレか「オレに言わせろ(吉田照美のやる気MANMAN)」のどっちかを聴く。非モテ系。

| | コメント (0)

泣けるホラー

猟奇的な彼女」以降、「」よろしく、「シルミド」「ブラザーフッド」よろしく、昨今のエンタメ界では韓国が熱いので、『箪笥』っていかにもタイトルだけで怖くてチビりそうだけど(じゃぁ行くなよ)、勇気を振り絞って観にいって来ました。

やっぱし怖かった・・・。でも『号泣ホラー』と言われるだけのことはあって、凄く怖いんだけど「悲しい」という感じ。内容違えど、「ほの暗い水の底から」の後味と似てた。

さらに言えば韓国映画特有のシズル感みたいなものはホラーにピッタリだと生意気に観測。スピルバーグが史上最高額でリメイク権を獲得した作品としても話題だけども、ハリウッド版でこの怖さのシズルを出せるかどうか。怖いのが大丈夫な人にはかなりオススメ。

| | コメント (1)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »