« 敢えてマイブームとか言うのであれば | トップページ | SURVIVE STYLE5+ »

誰も知らない Nobody Knows

試写会へ。カンヌ云々が無くてもおそらく観にいった気がするけど、広告批評を読んでたらどうしても早く観たくなって一般試写に応募しまくったら1つ当たった。

テーマがテーマだけに、「イイ映画」という表現は合わないけど、かなりグッときた。物語にというよりも、子供たちの自然な姿や成長、季節の移り変わりや時間の経過によって増していく悲惨さや焦燥感のリアルさに。本当に一年間、手間隙かけて撮ったのだなぁと思わせるシーンや表情が沢山あった。

「事実は小説より奇なり」的な取ってつけた不自然なシーンや、日本映画にありがちな独りよがりの起承転結も無く、さすがドキュメンタリーの人。「ディスタンス」も「ワンダフルライフ」もイマイチ好きじゃなかったけど、コレを撮るために必要な伏線だったのだと思うことにしてみる。

柳楽優弥くんは素晴らしいの一言。
今後期待大だけど、いろんな役をこなしていく俳優さんにはなって欲しくない気もする。それぐらい「この映画」の彼は素晴らしくて、やはり彼が感動を何倍にも増したことは間違いなくて、そういう点でやっぱり「主演男優賞」なのだと。ラスト近くの早朝のシーンは涙が出そうだった。周りに人が居なかったら、たぶんポロポロ泣いてたな。

「考えさせられる」って表現ほど安っぽいものは無いけれど、いろいろ思い考えながら観れる日本映画独特のテンポが好きな方には絶対におすすめ。あれこれ語りたいことがあるけどこのへんで止めときます(笑)。とりあえず今のところ、今年観た中で一番。見終わってからじわじわきてます。

2004.7.22 at 千代田区公会堂 『誰も知らない
映画のモチーフとなった巣鴨子供置き去り事件について
  (※内容が内容だけに、気になる方のみクリックしてください)

追記
メイキングDVD「誰も知らないができるまで」記事へ

|

« 敢えてマイブームとか言うのであれば | トップページ | SURVIVE STYLE5+ »

コメント

>ひろたんさん
はじめまして。いつも読んでくださってるとのこと、ありがとうございます。モチーフとなった事件について、当時はとても有名な事件だったようですが、記事中でその事件自体について触れるのは一応控えました。しかしながらその事件に関してのご質問メールがこの記事を掲載した当時数件続いたため、事件について記載しているページへのリンクを貼っていた次第です。

自分で書く記事の内容に関しては、(2004年頃迄の、アクセス数など殆どなかった頃の記事は除いて)、学生・OL・主婦の方etc・・・色々な方がいろいろな地域や環境の中で読んでくださっているということを承知の上、表現などはある程度選んで書いているつもりです。もちろんそれでも読む方によって捉え方も様々だと思うので、場合によってはあまり良く思われない事があるのも仕方ないとは思っています。

ですが、このブログはいち一般人が個人として私的に運営しているブログなので、「好き勝手」とはいかないまでも、できれば内容については自由に書かせて頂きたいなぁと思っています。(もちろんそれに対するご意見は真摯に受け止めるつもりです)

またご依頼の件については一応「リンク」という形をとっており、文章に書いて嫌でも目にしてしまったり、まぎらわしい表現で気づかずクリックしてしまう、というようなことは避けています。リンク先を見るかどうかは読む方の意思に委ねる形にしていますので、その辺はご理解いただけると幸いです。

だいぶ昔の記事という事もあり、このようなご依頼ははじめてだったのですが、こういったご意見も頭に入れながら、これからは更新していきますね。今回は、ひろたんさんのご意思に沿える回答ができなくて申し訳ありません。わざわざコメントを残してくださってありがとうございました。※念のため、リンクの下には注釈をいれました。

>s@murai7さん、akiさん
ずいぶん昔のコメントへのレスですみません。
最近またDVDを観てみようかと思ってます。

投稿: オモムロニ。 | 2006.06.30 13:01

いつも楽しくブログを読ませてもらってありがとうございます。過去の記事を読ませてもらっていたのですが、お願いです。私が勝手に読んでしまったのが一番悪いのですが、モデルになった事件についての記事をひらいてしまい読みました。震えがとまりません。私にも1歳4ヶ月の長男がいます。読んでいて怖くて怖くて・・・でも読むのをとめられず。勝手なことを書いているのは承知ですがこのような記事はのせないでほしいのです。私の中の癒しのブログでしたのでとてもショッキングでこれから読むのが恐怖です。ごめんなさい。勝手なお願いですよね。私のような意見をもっている方は、何人かはおられると思ってコメントを書きました。目をそむけてはいけない事件なのかもしれませんが本当にシゲキブツですよね。勝手な文章でごめんなさい。

投稿: ひろたん | 2006.06.22 23:50

昨日コメントをありがたく頂戴いたしました。
さてどの記事も大変面白くずんずん遡って読んでたら
今更ながら7月の記事でコメントさせて頂くことになりました
「誰も知らない」は、私も鑑賞後(6月頃試写で)、
衝撃で暫く席を立ち上がれませんでした。
仕事柄試写をみることが多く、悲しいかなかなり目がスレて
(肥えて?)いるのではありますが、
映画をみてこんな経験をしたのは初めてでした。
力のある悲しくも切ない、でも言葉で言い表しようもない
パワーを持った作品でしたね。

投稿: s@murai7 | 2004.09.20 23:39

はじめまして。
TBありがとうございます。
私も広告批評拝見しました。
公開されたら是非見にいきたいです。
(しばらくは混んでそうで嫌なのですけど 笑)

投稿: aki | 2004.07.23 22:35

この記事へのコメントは終了しました。

« 敢えてマイブームとか言うのであれば | トップページ | SURVIVE STYLE5+ »