« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

物欲沸々

お腹が冷えないようにとキャミをズボンの中に入れる通称「えなりSTYLE」で、五輪シンクロとザッピングしながら今夜もSEX AND THE CITYを観てしまう私は負け組ですか?

kartell02kartell01

で本題。春が発情期なら、秋は物欲期。冬が人恋しい季節なら、秋は物恋しい季節。テンションの高まりと共に、苦手な夏の終わりを実感する。本日のお買い物はカルテル社のジオット・ストッピーノによるデザインのマガジンラック、ポルタリビステ。レプリカじゃないですわよ。大人デスカラ、ホワイトはもう生産されていないと知って余計欲しくなる訳です。そういえば、ドイツのHailo社のゴミ箱蓋部分がホワイトのものが生産終了になったと知って、血眼になって探したけど結局日本では見つからなかったことを思い出した。今はBRUTUSだのSWITCHだの入ってますけど、まもなくWOWOWガイド誌とTVブロスが占拠する予定。

| | コメント (2)

恐怖体験 茶の味に救われる

それは混みすぎの麻布十番祭と連日の五輪観戦で疲れ果てた土曜の深夜にやってきた。同じ部屋で寝ていた相方が、突然ものすごい悲鳴をあげ、私はその尋常でない悲鳴につられて悲鳴をあげ、寝静まる深夜の目黒に二人して雄叫びを轟かせてしまった。

相方曰く、寝ているところに、「ねぇ」「ねぇ」と声をかけられたので、いつも深夜まで起きている私に声をかけられたのだろうと思ってふと目を開けると、隣にはグースカ寝ている私。「えっ?!」と思ったその瞬間、ちょうど私の足元あたりにおばあさんが居たのだという。それで、うわぁーと思って悲鳴をあげた途端、スーッとキッチンの方へ消えて行ったらしい。

という訳で私はそのおばあさんとやらを見ていないのだが、何が怖いって普段滅多なことじゃ動じない相方があそこまで動転していたことが何よりも恐怖。相方にしがみついて、暑いけど布団を被って、何か和むもの、笑えるもの!って必死で考えて、最近サントラをよく聴いてる「茶の味」の主題歌と、劇中歌「山よ」(写真右)をお経のごとく唱え続けた。

昨晩のお礼参りに、翌日相方と「茶の味」を観にシネマライズへ。すごく面白かった!妻夫木くんのコメントじゃないけど、我修院達也でまさか泣けるとは思わなかった。主役だと思っていた浅野君は実は全然主役じゃないんだけど、中嶋朋子とのシーンは最高に素晴らしい演技。昨晩私を恐怖から救った迷曲・・・いや名曲「山よ」以外にも、サントラやDVDに入っていた「あなたお湯ですね」「三角定規のうた」も、必見。深いね。

追記
同じマンション、ちょうどその頃かどうかは不明ですが・・・真下の部屋のおばあさん(not顔見知り)が亡くなっておりました。相方が酔っ払うとドタドタうるさかったからでしょうか・・・。引越しのとき挨拶に行かなかったからでしょうか・・・とにかく、何かやっぱ夢とか見間違いじゃなかったんだ・・・って分かって日々怯えてます。

2004.8.22 at シネマライズ 『茶の味』 
♪本日のハナウタ:「山よ」 ※TSUTAYAの特設ページより、「山」をクリック

| | コメント (0)

今夜もタワラ結びは万全です。

皆様アテネ見てますか。一生懸命リアルタイムで見てるデス。残り1秒で1本勝ちとかされますとね、こりゃダイジェストで観ても意味無いのよとか思ってしまいまうのです。まぁ夜行性の言い訳です。本日も麦茶片手にソファに陣取って競泳が始まるのを待っております。もちろんタワラ結びで臨んでおります、いつもより高めに結んでおります!

選手の地元の応援風景を追って、土曜から日本全国を相当なスピードでたらい回しにされている安住アナ(TBS)を1日何度か目にします。やはりアテネでもTシャツの袖をまくっているアンディとは対照的に、もちろんスーツです。地元の後援会の熱に押されてオロオロしながらも応援で熱くなる一般人に「リハーサル通りの答えですね」などと毒づくいつもの低いテンション(確信犯)は健在です。ほんの一瞬しか映らないリポートのために全国を嫌々まわってる感じがにじみ出ています。クボジュンのノーズシャドーが濃すぎるのと併せて、TVブロスの「ぴぴぴくらぶ」でも誰かがつっ込んでくれることを期待します。

「この後すぐ」といいながら北島が出てこないのでもう一ネタ。格闘技ファンとしては、彩の国へ向わな非国民だとは思いつつも、巨人VS横浜を観に東京ドームへ。相方がGETしてくれたD通の年間契約シート、サスガです、超ネット裏。笑顔が眩しい売り子ちゃん達もいささか美人が多いのは気のせいでしょうか。

アテネの超人たちばかり見てるせいか、試合展開はふーんって感じでしたが、ハマの名物、種田のガニ股打法と、慎之介の応援曲がジブラであることの分かりやすさと、東京ドーム独特の雰囲気を楽しんで、これぞ夏休み。

さぁ北島始まった・・・
あー
キャー
勝ったー

♪本日のハナウタ:「HOME SWEET HOME」/YUKI

| | コメント (1)

お父さんのバックドロップ

先日亡くなった中島らもさん原作の同小説を映画化。スネオヘアーが主題歌といふので興味あり試写へ。加藤賢宗さん、テレ朝の野村アナなどお見かけ。そして上映前、たまたま取材で来ていた主演の宇梶剛士さんが挨拶に出てきてビックリ。

噂には聞いていたがハッキリ言って超泣ける。宇梶さんも良かったし、息子役の神木隆之介くんがとろける愛らしさ。そういえば「SURVIVE STYLE5+」にも出てたな。

バックドロップって言うぐらいだから、AKIRAとか大日本プロレスのメンバーなどが出演しているのは知ってたけど、クライマックスシーンで戦う相手が、極真空手世界大会3位のエヴェルトン・ティシェイラだったのには驚いた。たまたま極真世界大会観にいったので覚えてた。もちろんブラジルですから、磯部師範もバッチリ出演。「いかレスラー」「MASK DE 41」に続いて、プロレスネタの邦画が続々出てるね。

けど生前のらもさんが書いたプレスのコメントにもあったけど、これは「格闘技映画」じゃない。泣き笑い、いや笑い泣きのハートウォーミング(死語?)な親子物語。だから文化系も安心してご覧下さい。あー観ておいてよかった。主題歌も映画のために書き下ろしただけあってバッチリ合ってる感じ。

| | コメント (0)

SURVIVE STYLE5+

今週は異様に平和で突然仕事も無いので思い切って半休ヲ。ネイル行って松屋(not牛丼)行くついでにアップルストアへ。

iPod miniのゴールドとブルーが入荷されてた。「あと5つでーす」とか言うなー、欲しくなるだろがー。只今絶賛GOLDブーム中につき軽く血迷ってみたが、最近買い物し過ぎだといふことに気づいてグッと我慢。欲しいと言えば、iPodの試聴用にあったBOSEの「QUIET COMFORT2」。iPodより心奪われた。コレスゲー!

9月公開の「SURVIVE STYLE5+」観る。業界イチの有名CMプランナーTAGBOAT多田琢(しかもグッドルッキング)と、世界でも評価の高いCMディレクター関口現、2人のCM界最強コンビが映画を作ったらしいとて、非常に極地的なところで話題騒然の作品。

タイトルバックデザインに佐藤可士和、劇中CMのディレクションに「茶の味」の石井克人。この人たちに全員まとめて普通に広告頼んだら幾らになるんだろ。

オモロいCMを2時間観たといふ感じ。CMだけに、「結末」じゃなくてちゃんと予想外の「オチ」があった。一徳ひとり勝ち。浅野くんはいつになくヤマタカEY∃度が増していた。普段はエグゼリーナ的ファッションアイコン橋本麗香嬢もキレイさがかえってB級ホラーな感じ。KYON2もイイ枯れ具合。良々は良々のまんま(笑)。どうでもいいけど、やっぱ津田寛治の声はスガシカオに聞こえるよなー。

2004.8.5 at ヤマハホール 『SURVIVE STYLE5+
なんかオフィシャルHPがまだOPENしていない模様。HPにも期待大。

| | コメント (4)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »