« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

ショック!

実は無類の捕手フェチ。特に1塁ランナーが2塁へ走塁するのをキャッチャーが刺すとこが好きで好きで好き過ぎて、それが見たいだけのために、大学時代、GLAYとかサザンとかで盛り上がるような全く趣味もテンションも合わない野球サークルに血迷って入ってしまったほど。おかげでスコア付けられるようになったけど、4年間浮きまくってた!

murata.jpgそんなワタクシの捕手好きの頂点に君臨して久しい、元巨人軍捕手、村田真一。

交通事故を起こそうとも、村田って走塁めったに刺さないじゃん、という容赦ないツッコミが入ろうとも、その捕手たるべき包容力、女房役の母なる大地っぷりにワタクシは十数年胸キュンしていた訳です。理想の有名人は?ここ数年「村田真一」。プロ野球カードもいつのまにかこんなに。

そんなチュウさんもミスター勇退と共に現役を引退し、巨人のよもやまでは男らしく原くんと共にコーチを退き、村田のいないプロ野球は観る気も3割減、もはや私のジャイアンツ愛、野球愛もここまでかと思った2004年。

テレ朝の解説者として見事に復活!テレ朝が日本シリーズいっぱい中継してるだけに、「GET SPORTS」「NANDA!?」以外にも露出が増えてきて、なんか異常に心ときめいていたんです、近頃。でも・・・

10/17放送の「GET SPORTS」誰か観た!?
直視できなかったよ・・・・。前髪増毛してた・・・・。
ずっと見てきただけに、あれはマチガイナイ!嗚呼立ち直れない(涙)!

| | コメント (1)

ポイントは法令線

観て来た。セロンの女優魂。「モンスター」。

とにかく凄い・・・感動してしまった。単に彼女の変わりっぷりにも驚きなのだが(左がいつもの彼女、中・右が映画のシーン)、映画を観終わって、彼女が演じた実在の犯罪者アイリーン・ウォーノスの写真を見てなおビックリ。本当にそっくり・・・。映画のクランクイン直前に死刑が執行され、アイリーン本人は亡くなっているだけに、本当に乗り移ったのではないかと思うほど。さらにパンフを隅々まで読むと、その「乗り移り」が単に容姿だけのもの、昨今ありがちな「増量」の役作りというレベルではなく、本当に「魂」で挑んだ結果なのだと分かる。

アイリーンの壮絶で悲惨すぎる人生と、セロン本人の生い立ち(15歳の時、家庭内暴力のひどい父親を母親が射殺)や苦労の過程を知って、それだけでもう贔屓目でこの映画を見てしまうのだが、いちばん素晴らしいと思ったのは、観終わった後の感情が「犯罪者に対する同情」ではなかったこと。これは同じくノンフィクションの「誰も知らない」を見たときと同じ。是枝監督が「映画の中で絶対的な悪を作りたくなかった」と言っていたのを思い出す。事件の悲惨さより、「ひとりの女性が人生と愛を求める物語」だったことが頭に残って、不思議と後味がイイ。ラストの法廷でのシーンで軽く涙。

それにしても、昨今ハリウッド・ビューティの代名詞とも言うべきセロンの根性にオスカー(主演女優賞)を納得すると同時に、一時は激ヤセが心配されたこともある相手役のクリスティーナ・リッチのリアリティあるたるみ具合もグッジョブ。セロンが諦めみたいなものを感じる「枯れ」のたるみを表現していたのに対して、リッチの「ずんぐり・もったり」感は対照的。

13kg太ってこのぐらい変わるのだから・・・私が13kg痩せれば・・・!?とあらぬ期待で2時間ばかり。実は義歯と特殊メイクも手伝っていたと聞き、「そ・そうよね・・・」と小さく落胆。

2004.10.11 at シネマライズ 『モンスター』

| | コメント (0)

台風と共に去りぬ

ええ、風邪ですとも。久々にバッチリと引きましたよ。それ自体はいいんですけどね、治った後にまとめて便秘と強烈な肌荒れに見舞われる恒例の辱め、こっちのほうが治りが遅いんですけど。

風邪ひきつつも先週は映画を2本。今年のカンヌでグランプリ作品、タランティーノが大絶賛した上に、ハリウッドリメイク(何だよ、またかよ)も決まっているといふ韓国映画、『オールド・ボーイ』。

理由なく15年間も監禁されていた男がある日突然解放される。誰に、なぜ監禁されたのか?謎を追いながら復讐を誓うが、そこには想像を絶する恐るべき策略が。確かに口外できない衝撃の結末。日本じゃ絶対オチに使わないタブーな領域。想像できた人いたかなぁ。

映像も思った以上にイマドキでスタイリッシュ、タランティーノいかにも好きそうな血も才能もほとばしる系。これは日本でも受けそう。

一つ言うならば「オールド・ボーイ」っていうタイトル(原作は日本の同名漫画)は変えても良かったんじゃないかなーと。

もう一つは「クリスマス・クリスマス」を。キャスト聞いてとりあえず食らいつく。大倉孝二を1時間半は少々キツかった。チャッピー今村的立ち位置でこそ光るっつーか。その点、古田新太や生瀬勝久はかなりオイシイ。伊藤歩は映画女優として最近イイよね。

| | コメント (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »