« およよ | トップページ | はやく気づいて! »

ぶっとんだ邦画が目白押し

female
オムニバスのJam Filmsシリーズの最新作。今回は「女性」「エロ」がテーマ。ハセキョーがエロく桃を食べるシーンが話題になってるらしいけど、正直イマイチ。オススメは松尾スズキ監督の「夜の舌先」。高岡早紀がぶっとんでます。近藤公園とやりまくってます。あとは塚本晋也監督「玉虫」の石田えりもぶっとんでます。別にオススメしたい映画じゃないけど、「観たー?!凄かったねー」っていう給湯室トークを楽しむ為に女友達と行く映画。

オペレッタ 狸御殿
映像美と演出のぶっとび度はやはり右に出るものなしの鈴木清順ワールド。オダジョーとかチャンツィーという理由で観にいくべきではない映画。でも清順ファンは絶対に観るべき。個人的には「ピストルオペラ」より好き。こだわりが非常に強そうなオダジョーがあそこまでやった(ある意味辱め)のが驚き。まさに巨匠。清順 or not。ラストは北野版「座頭市」に少し似てる気が。

タナカヒロシのすべて
鳥肌実の初主演ゆえに、ストーリーもどんなぶっとび映画かと思いきや、非常に淡々と「静」の鳥肌実を堪能する映画。彼のことは知ってるようで知らないので検索してみたら、ファンの皆様やはり相当エキセントリックな内容を期待(心配?)されてるようで。エンディングテーマがCKBですが、そこまでハッピーエンドにはなりません。

|

« およよ | トップページ | はやく気づいて! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。