« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

「すこぶる」って死語?

ひょうたん手ぬぐいに乗せてみた最近のお気に入り、ポール&ジョーのリップバーム。カワイさに思わずジャケ買い、でも@コスメでも割と評判イイみたい。

アプリコットの香りってあるけど、殆ど無味無香。ヘレナのコラーゲン入りのやつみたいに、朝の劇的なぷっくり感はないけど、夜付けて寝ると朝すこぶるイイ感じ。うん、いい感じ。グロスとは違うこの自然なツヤ感もかなり好み。

PAUL&JOE BAUTE リップトリートメント  \1,575

過去記事:ヘレナ コラゲニスト リップズーム (2005.01.21) ←全く反響無かった

| | コメント (20)

ディープじゃない方のパープル

もはや工藤静香の色ではなく

秋になると紫が気になります。紫なら何でもイイって訳じゃないんだけど。といっても意外と保守派なので、裾からチラ見せとか、ペットボトルも手ぬぐい繰るんで持ってみたりとか、柄にもなく花を飾ってみたりとか。A.P.C.のマフラーもやっぱ欲しいなぁ。

それはそうと、花を買うと必ず頭の中でエレカシ(悲しみの果て)が流れてくるのは私だけですか。あ私だけですね。歌詞がそうさせるのでしょう。青春時代に聴きすぎました。

続きを読む "ディープじゃない方のパープル"

| | コメント (16)

意外なところでお得アイテム

今年は前出のASH&DIAMONDSの長財布(去年のX'mas限定Ver.)を使ってます。さすがに大きくて、minaの小バッグにも、ヘッドポーターのタンカーミニにも入りません。ギンギラでもっすごいメデタイ感じはしますが、風水効果は皆無です・・・。

しかしながら、レジで会計するときに感じる店員の「もしや・・・」という横目、そして財布を開けたときのギラギラに「やはり」と確信して向けられる羨望の眼差し(一応限定商品だったので)、その優越感には勝てません。結構な確率で「それASH・・・のですよね」と話しかけられます。思わぬところでGALとコミュニケート。

で、そういう話じゃなくて(今日も長くなりそう)。ASHの財布をもし替えるとしたら・・・で思い出したこの財布。ASH以前に使っていたトリコ・コムデギャルソン。

2代目

続きを読む "意外なところでお得アイテム"

| | コメント (19)

パワー充電

読め読めと10人ぐらいに言われつつ積ん読だった東京タワーをやっと読破。思いっきし目を腫らしたまま西麻布へ。前の会社のお仲間、歳の頃同じ女子5人で鍋つつく。

シエナチックなファーのベストは(この歳にして)フェイクでもいいだろうかとか、メルモンはLEVEL.3がキツイらしいとか、早くもNIKITAに走りそうだとか、カラダスキャンは意外と安いとか、紫のヅラを買ってみたとか。会社は相変わらずだったり、そうでもなかったり、ちょっとした愚痴なんかを聞きながら、少し懐かしくもなり、楽しく宴。意外と飲んだ。

ニキータで思い出した。そういえば少し前、相変わらずやってるあの番組で貴理子がNIKITAがいかに面白いかを熱く語っていた。森尾由美はついついGLITTERを買ってしまうと。そして松居直美は意外にも卒業できないOlive組だと。

化粧品がひとつ買えるわねそんなことを思い出しつつコンビニでまた雑誌。コスメ系ブログの皆さんがこぞって親指を立てているのでCREAを買う。ファンデ特集のチャート、確かにイイ仕事。

それにしても、立ち読みで厳選してるつもりが、月半ばにして既に女性誌8冊。山田優と篠原涼子を並べたのに意味はなく。そして年甲斐もなくノンノまで買う。

TBした人気ビューチーBLOGの皆さん(大したネタでもないのにすいません。)
こすめ日記。cosmetic lifenegi's choiceぷりんの夢

| | コメント (6)

カニがチョキなら味はグー

「大人げない肌」と「街なかで浮く唇」を学びに、資生堂マキアージュのメイクアップセミナーへ出没した後、およそ篠原涼子とは程遠いフルメイクで中野へ。待ちに待った、みうらじゅん&いとうせいこう「スライドショー9」。3年ぶりの開催。私も6回目の鑑賞。

スライドショー9中野駅に着くと、「郵政三事業」と「マイブーム」で共に流行語大賞を取ったじゅん・じゅんコンビ(MJ談)の相方が、オープニングアクトとして中野駅前のオーディエンスを暖めていました(こちら)。首相が前座とは、さすがだねMJ。

毎度のことながら、「次は何ブームだ」とワクワクして待つ期間、そして期待を裏切らない新たなブームに「やっぱどうかしてるよ(笑)みうらさん!」を会場全体が共有するこの瞬間、たまらない。

最近はKBT(=兜)にご執心のようで、毎回お楽しみの“いやげもの”、今回はこのKBT。会場に入ると座席の上にずらっと鎮座。勿論いい大人2000人が喜んで一斉に被りましたけど、なにか。ちなみにコレを入れて帰る袋は無いという、「帰るまでが遠足」的なKBTの民営化プレイも楽しみました。(新宿駅あたりから恥ずかしい)

KBT

ちなみにこのイベントの模様はWOWOWで放送決定。そちらをご覧になる方は、以下ネタバレあるのでご注意を。 10/26(水)深夜0:10-  More info.⇒WOWOW

続きを読む "カニがチョキなら味はグー"

| | コメント (18)

感謝・感謝・感謝祭・スタァト

当時まだ日本にはブログサービスが無く、でも噂のブログってのに興味津々で、アメリカのTypePad(ココログ等の基となるBLOGサービス)をチマチマ和訳しながら、見様見マネでブログを立ち上げたのが2003年の秋。気づけばそろそろ2周年です。

当初は日に10人訪問者があれば大喜びだったオモムロニ。も、コメントを付けてくれる方、ふらりと度々立ち寄ってれる方、リンクを張ってくれる方、ランキングに投票してくれる方のお陰で、モチベーション落ちることなく、むしろ上がり続け、気づけば2年も続けていたこと、そして僅かながらアフィリエイトによる収入が、無職の私には予想外の潤いとなっていること、皆様に感謝せねばなりませぬ。

一人ひとりの顔は見えませんが、何とかこの感謝の気持ちを表わさねばと柄にも無く思い、「2周年」を口実に、感謝祭プレゼントを企てました。無職のクセに奮発していることには気づかないフリ。しつこいですが今回ばかりはマザーテレサの心意気です。

「応募が来なくても自分で使いたいモノ」を基準にセレクトしています。一応念のため。抽選で各1名となりますが、もしご応募がかなり多い場合は、当選者数を増やしてできるだけ沢山の方に・・・と生意気にも思っている次第であります。

続きを読む "感謝・感謝・感謝祭・スタァト"

| | コメント (19)

オモムロニ。感謝祭 第二弾

長らくお待たせしました、感謝祭プレゼント第二弾の発表です。

プレゼント第二弾


続きを読む "オモムロニ。感謝祭 第二弾"

| | コメント (9)

読書の秋 モテの秋

スマート モテリーマン講座ほとばしる副作用」が予想通り面白く、思わず電車の中でもカバー無しで読むという軽露出プレイに興じている昨今ですが、さらにレコメンドしたいシリーズがついに書籍化。

無敵のフリーマガジン「R25」の人気連載「スマート モテリーマン講座」、最近はちょいとネタ切れっぽい苦し紛れな感じもありますがそこはShu-Thang Grafixセンセイのナイス・イラストで思いっきりカバー。リリー・フランキーより泣けないと思いますけど、LEONより実践的?だと思います。

スマート モテリーマン講座 9月15日発売 \1,260 (マガジンハウス)
 武田 篤典 (著) / Shu-Thang Grafix (イラスト) 
クリックで拡大
↑画像クリックで拡大
「電車内でのイカした新聞の読み方」、「デスクでキーボードに手を置いたまま、カッコよく振り返るには?」など何気ない動作一つ一つに“モテ”の要素が。新聞で、サラダで、汗で、エスカレーターで、虫歯で、ゴミ出しで、エレベーターで、領収書で、冷蔵庫で…。すべての日常的行為には、「モテ」が潜んでいる!

過去記事:モテリーマンといえば (2005.04.04)

| | コメント (8)

歌舞伎町的ガーリー

先週末、後輩のH嬢を道づれにして新宿ロフトプラスワンへ。
辛酸なめ子のガーリーナイト」に出没。食べ物飲み物をつつきながらトークショーを楽しむ歌舞伎町のディープな空間。かなり久しぶりに行ったのですが、相変わらずマニアックさに磨きが掛かっている模様。今後のイベントスケジュール↓もやはりハンパない(笑)。

これじゃよく分かりませんけど・アニソン1000曲メドレー大打ち上げ呑み会
・おニャン子メモリアル☆2005
・「裁判傍聴のススメ」裁判の裏側全て話します
・宮崎吐夢のお誕生会
・高橋名人とYMCKの「ジョイント!! 」
・B&B・島田洋七の笑魂伝承vol.22

で、そのイベントですが、なめ子氏が撮りためた人間観察の記録(写真)を、その時のエピソードを交えてぼそぼそと小言で解説していく集いで、まぁ簡単にいうとMJのスライドショーのような趣なんですけども、その切り取る対象がなめ子流。

相田みつをバスツアー、正月の一般参賀、マイクロダイエットのコンテスト会場、名門や高偏差値女子高の文化祭、五月みどりの個展、ブリトニーやヒルトン姉妹の来日、東大の入学式、N.E.R.D.の中にに混じるとふて腐れている中学生に見えるNIGO、コスプレができる茶摘み体験イベント、そして先日の4様来日で群がる奥様・・・。

若干既知ネタがありつつも、本人の小言解説で面白さ倍増。「ヒガミカリィ」だけあって東大美女や東京女学館の制服に対する観察力はサスガです。

続きを読む "歌舞伎町的ガーリー"

| | コメント (7)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »