« 違いの分かる女 | トップページ | 読書の秋 モテの秋 »

歌舞伎町的ガーリー

先週末、後輩のH嬢を道づれにして新宿ロフトプラスワンへ。
辛酸なめ子のガーリーナイト」に出没。食べ物飲み物をつつきながらトークショーを楽しむ歌舞伎町のディープな空間。かなり久しぶりに行ったのですが、相変わらずマニアックさに磨きが掛かっている模様。今後のイベントスケジュール↓もやはりハンパない(笑)。

これじゃよく分かりませんけど・アニソン1000曲メドレー大打ち上げ呑み会
・おニャン子メモリアル☆2005
・「裁判傍聴のススメ」裁判の裏側全て話します
・宮崎吐夢のお誕生会
・高橋名人とYMCKの「ジョイント!! 」
・B&B・島田洋七の笑魂伝承vol.22

で、そのイベントですが、なめ子氏が撮りためた人間観察の記録(写真)を、その時のエピソードを交えてぼそぼそと小言で解説していく集いで、まぁ簡単にいうとMJのスライドショーのような趣なんですけども、その切り取る対象がなめ子流。

相田みつをバスツアー、正月の一般参賀、マイクロダイエットのコンテスト会場、名門や高偏差値女子高の文化祭、五月みどりの個展、ブリトニーやヒルトン姉妹の来日、東大の入学式、N.E.R.D.の中にに混じるとふて腐れている中学生に見えるNIGO、コスプレができる茶摘み体験イベント、そして先日の4様来日で群がる奥様・・・。

若干既知ネタがありつつも、本人の小言解説で面白さ倍増。「ヒガミカリィ」だけあって東大美女や東京女学館の制服に対する観察力はサスガです。

ただひとつ残念だったのが司会進行の文藝春秋の人(新刊の担当者)と井上トシユキって人の進行が酷かった。イチイチ入るツッコミが思いっきり「西」のテンションで、まるっきり彼女のトーンを端折る上に、そうではない趣旨の写真に「萌え」を連発していたり、担当者の人も、さほど詳しくない私でさえ「この人実はそれほどなめ子イズムを知らないのでは?」と首をかしげてしまう発言が多々。

MJのスライドショーが毎回最高なのは、MJの面白さはもちろん、絶妙なタイミングでツッコミを入れたり入れなかったりする、せいこうさんが天才なのだと改めて実感。ちなみに、あまりになめ子氏のガーリーを履き違えてるので途中で回収されるアンケートに思いっきり書いてやったら、休憩後の第2部ではかなり静かになっておられました。

第2部は、中村うさぎ女史をゲストに、セレブでビッチな人(=なめ子語でセレビッチ)や虚言癖男についてのフリートーク。神田うのはイメージ通りで本当に素でもあんな感じなのだとか、なめ子氏がかつて遭遇した虚言癖男をまさに知っているという女子が会場に居たり、両端のおじさんたちが静かになってくれたおかげで盛り上がりました。

ちなみに、もっと婦女子の集いだとばっかり思ってたら、こんな時間に新宿に来れる時点で、ウダツが上がらないこと確定のスーツ姿や、オジサン、オタクっぽい男性が多くてビックリでした。さすがはロフトプラスワン。さて、今週末は真打ち、スライドショーですな。

関連ページ
女・一人日記 … 池松江美 (公式日記)
イベントレポ (LOFT PLUS ONE 写真秘宝館より)
辛酸なめ子とは (Wikipediaより)
辛酸なめ子インタビュー (Excite BOOKSより)
辛酸なめ子/池松江美 (DAZED&Exciteより)
スペシャルインタビュー (Photoback.jpより)

新刊案内
ほとばしる副作用ほとばしる副作用 文庫版 辛酸なめ子 著
9月10日発売 ¥530 (文藝春秋)
「サイゾー」をはじめ、色んな雑誌での連載やコラムを集めた一冊(2003年発売)が単行本化。なめ子入門にはピッタリの一冊ではなかろうかと。精神世界修行のアブナイ現場取材から、女子アナ・アイドルへの辛口分析まで、ホント、才能ほとばしってます。

レコメンド
アイドル万華鏡処女☆伝説―オール・アバウト辛酸なめ子ヨコモレ通信電車でコラ 辛酸なめ子の<生首コラ>セレクション<br />
辛酸なめ子の千年王国

|

« 違いの分かる女 | トップページ | 読書の秋 モテの秋 »

コメント

ボーっとしてたらコメントレス遅くなりました。

>yum..iさん
ご訪問アリガトウゴザイマス。
司会がウザかったって他のmixi日記みても書いてありますね。
スライドショーは原宿のラフォーレミュージアムの頃から
毎回欠かさず行っております。
(あ、ハワイはさすがに行かないですけど)

>@GREEN(手作り雑貨)さん
ライブとかやるのはおそらく今回が初めてだったやうです。
最近はテレビとかにも出てますよね。

>yooco@QofQ.comさん
ご覧頂いてアリガトウゴザイマス。
さすがに本名時代の活動までは知りませんでした。
(経歴などでざっと読んではいましたが)
御三家の女子学院から美大にいく感覚にノックアウトです。

>あつせさん
いらっしゃいましたか。
男子もヤバかったですが、その男子の日記を読むと女子も光浦みたいなのばっかだったとか書いてありますね。MJのイベントの客層はあれは奇跡なのだと分かりました。

女学館や桜蔭に行くあたり、中学受験組という感じでしたね。私は割と制服マニアだと思います(笑)。嘉悦かぁ・・ネクタイしめて風変わりな紋章?が胸についてるブレザーですよね。たしか双葉はセーラーなのに胸にやらしい紐がついてるとこですよね。あ、この辺でやめときます。

>まゆみさん
ALT(画像にマウス合わせると何か文字出る)、
何人の人が気づいてんのかなーと思いつつ、たまに遊んでいます。
気づいて頂けてるのですね、ウフ。

>umekoさん
はじめまして。アリガトウゴザイマス。
とりあえず守備範囲の広さは、武器かもしれません。
その分、浅いとおもいますけどね。
小林姉妹・・・街で見掛けたいですなぁ。

投稿: オモムロニ。 | 2005.09.09 14:15

はじめまして。おとといたどり着きました。
お~い、徹夜で読んじゃいました。
こんな素敵な女子が居たなんて感激です。
辛酸なめこ嬢大好き。私も行きたかったよー。
 
オモムロニさんってほんとに守備範囲ヒロインですね。

女子アナ情報!

小林姉妹は地元なんでよく見かけました。
おかーさん、かなりのぶーでーでした。
この母からこの子達が・・・・。

またお邪魔しまーす。

投稿: umeko | 2005.09.09 06:58

オモムロニ。さんこんにちは。辛酸なめ子のガーリーナイトに行かれたんですね~。いいですね~。
前々からオモムロニ。さんの注目される事、すべてツボです。
サブカル系からオサレ系まで、「そうそうそうそう」とモニターの前で激しくうなずきマーチです。
最近ALTにも何か書かれてるっ?と発見して全ページ確認しちゃいました。うわーー。スミマセンマニアックで。
これからも是非ゆるい感じで期待してます。

投稿: まゆみ | 2005.09.07 16:54

こんにちは。いつも楽しく読んでます。
二度目のコメントです。

仕事柄、おさえておこうと、その場にいました。まさに、「ウダツが上がらないこと確定のスーツ姿や、オジサン、オタクっぽい男性」を構成する任務を立派に遂行してましたー。
司会、不要でしたね。

女学館の制服、なかなか懐かしい気持ちにさせられました。
最近では、女子高の制服も派手になりましたが、僕が高校生の頃は、女学館のふわふわリボンが突出、実に趣深かったです。通学時間のバスの運ちゃん、嬉しそうでしたもん。
総武線マイナーでは、嘉悦も人気。個人的には友人も多かった双葉とJG、控えめで好きでした。
あ、制服オタクじゃないです。

投稿: あつせ | 2005.09.07 11:15

こんにちは。オモムロニ。さんを最近知って
かなりハマっております。
今回は辛酸なめ子さん!ノックアウト寸前です☆辛酸なめ子さんは池松江美という名前でずっとライターをされていたのですが、池松江美時代もほとばしる才能に私は夢中でした。まずルックスはいわゆるテストで毎回一位な感じの完璧なまでに清楚な優等生。どんなに毒舌でも10年来変わらぬその清楚なイメージには脱帽です。
experimental accessories...RACKETS from QofQ☆yooco http://www.QofQ.com

投稿: yooco@QofQ.com | 2005.09.07 09:47

こんにちわ
辛酸なめ子すきです。
テレビでみてこの人おもしろいなーっておもってました。謎な人だと思っていましたが、
ライブとかやってるのですね!
素敵です★

投稿: @GREEN(手作り雑貨) | 2005.09.06 12:37

こんにちわ、mixiよりきました。
まさに書いてあるとおり!
司会&ゲストの男2人には辟易しました。
あの2人のせいで面白さが半減しましたね。
スライドショー行くのですね。
私はDVDだけですが全て拝見しております。
MJ氏といとうせいこうさんのやりとりの絶妙さで最高のショーになっていますよね。
なめ子さんにもいいパートナーが見つかることを待ち望みます。サイゾーの編集の方とかがよい気もしますが。

ではまた立ち寄らせていただきますね。

投稿: yum..i | 2005.09.06 11:42

この記事へのコメントは終了しました。

« 違いの分かる女 | トップページ | 読書の秋 モテの秋 »