« 2006年 手帳の旅 | トップページ | ワタシもエプロン、たてむすび »

考えさせられるって言葉はキライ

その日のまえにその日のまえに  重松清 著 \1,500 (文藝春秋)

たまには、誰もが書いてそうなベストセラーの話題でも。
今年のベスト1だと言ってる人もいるとかいないとかの話題作、やっと読み終えました。ベストを選べるほど本読んでないので何とも言えませんが、素直に良かった、泣きました。

短編をまとめたものなので、少しずつ読んでいくのにピッタリで、最後にはまたその短編がひとつに繋がってたりもして。

既読の方も多いと思われるリリーさんの本を引き合いに出すと、「東京タワー」はジワジワとオカンに感情移入して、気づいたら鼻水まで垂れてたって感じなのに対して、

こちらは小説、それも短編だけあって、状況や人物への感情ではなく、表現や描写の美しさで胸にグッと込み上げてくる涙、といった感じ。ファンの方には割とお約束の重松節のようですが、初めての私には十分に響いて、ステキな秋の夜長となりました。

「泣きの本」とか言われると、その時点で読む気が失せるって人も多いと思うので、いま何か本読みたいって人にだけ、オススメしておきます。とても読みやすいです。そして、「その日」が何の日かは、読み始めればすぐに判ります。

|

« 2006年 手帳の旅 | トップページ | ワタシもエプロン、たてむすび »

コメント

>モッツさん
あー読んでくださったのですねーありがとー。
「短編だけど、この気持ちのまま次いきたい!」
うんうんわかる、そんな感じでした。
私はあんまり小説系に詳しくないので
モッツさんもオススメがあったら教えてくださーい。

投稿: オモムロニ。 | 2006.03.24 10:41

やっとこれ読みましたー感想を言葉にするとほんとの感情と違くなりそうで苦手なんですが、
読み進んでいくにつれてぐっとくるというか。
短編だけど、この気持ちのまま次いきたい!って感じで一気読み。
リリーさんの東京タワーもそうだけど、今(というかこの年で)読んだから感じるものがあるのかもなーと。
またなにかあれば教えてくださいまし^^

投稿: モッツ | 2006.03.23 10:59

>umekoさん
いやそんな期待していただくほどかどうか・・・・
全然小説通じゃないんでね。
映画と小説ばっかりは好みと、読むときの自分のテンション次第ですから。
生活の一部にオモムロ、ありがとうございます。

>タイガーリリコさん
重松さんは顔も知らなかったので、読んでから
画像でググってみたりしたんですが、
なかなか「っぽい」おじさんなんですねぇ。

珠緒のバカブックガイド、私も見てます。けど
こないだある人(個人)の日記に、
アレはライターが書いてる、珠緒は電車男読んでないらしい
って書いてあって、あらやっぱりそうなの?と。
でもそれ以外のサイトをいくら調べてもそんな話題が出てこないので、
真偽のほどはわからず・・・。

投稿: オモムロニ。 | 2005.11.05 13:38

こんにちは。
秋の読書、いいですねえ。
重松清さんの文章は、情熱大陸のHPでの連載でしか
読んだことないのですが、これをきっかけに
ちゃんと本も読んでみようかなと思います☆
あ、それから以前オモムロニさんが紹介されてた
ダヴィンチのHPの連載の、さとう珠緒のバカブックガイド
かなりハマッてます。
彼女、バラエティではバカっぽく見えるけど
あれはほんとにキャラづくりなんですね〜
すごく痛快に本の内容をぶったぎっていくのが
読んでて気持ちいいです!

投稿: タイガーリリコ | 2005.11.05 11:33

こんにちはオモムロニさん、早速本屋に行って捕獲します。

つい最近まで「嫌われ松子の一生」の上下巻を読み終えたところで、次は何にしような・・・と物色し始めたところでした。

私は映画の予告で泣いてしまうほど涙腺弱いので泣きそーなものは避けてましたが(通勤時に電車でヒックヒックしちゃうもんで)今は主婦の身、お家で思いっきり泣きながら読めます。

ほんとに痒いところに手が届くように絶妙のタイミングでした。

もはや生活の一部にオモムロニです。

投稿: umeko | 2005.11.05 02:51

>しろっぷさん
そう、2冊とも私が勧めるまでもなくベストセラーですから
いちいちネタにするかどうか迷ったんですよねー。
でもまぁ私が本読むの珍しかったのでね。あきなのでね。

SK-2はそう、私も同じ!踏み込んだら逃げ出せなくなるので
あのコストを維持できるかってのがねぇ。
今とてつもなく安い店とか探してます。

>フジ子さん
流星ワゴン、文庫だったから早速今日買ってきました。
また少しずつ読んでみるデス。
イヴァナの服、HP見てもどれも超カワイイ。
なんだこのかわいさは。
実は結構日本で扱ってる店多いらしいですね。ビームスとか。

>GRさん
私も、ほとんど本読まないんでね・・・
人に勧めんのもおこがましいんですけど。
これは読みやすいので疲れなかったですよ。短編だし。

>もかさん
そう。って1つしか読んでないくせによく言うぜ
って感じですが、表現がとてもイイですね。
読み慣れるとアレがどうもテクニックに感じて
受け付けなくなっちゃう小説フリークもいるみたいですが。
流星ワゴンは文庫になってるので買ってみたです。

>さーやさん
知りませんよー。本は私も全然初心者なので。
28%オフあるっスか。
渋谷の交差点の三千里薬局は20%オフでした。
買わないでよかったー。
毛穴用のクリーム(何だっけ名前)もサンプル使ったら
かなり良かったんですよねー。
でもまずは無難に化粧水から。

>equipさん
そうそう、何か心にズシーっと来たっていう
その気持ちは分かるんだけど、
それを言葉にする努力をしないで、
「何か考えさせられる」ってフレーズで片付けてしまう人、多いよね。
って余計なお世話なんだけど(笑)。

投稿: オモムロニ。 | 2005.11.04 22:38

オモムロさんへ。

『考えさせられる』の事、ナルホド納得です。
そう言いながら絶対に考えちゃいないんだろなと思います。
ほんとフレーズって感じですね。うんうん。

投稿: equip | 2005.11.04 21:49

オモムさんのオススメは、かなりヒット率が高いので、コチラの本も早速購入してみます。
そうそう、私も27歳になったときからSK-Ⅱに踏み込んでマス。アドバンスサインズトリートメントという美容乳液が一押し!2瓶使ったところですが、肌がモチモチ・・・張りがアップしたような。あそこはサンプルがたっぷりなので、ちゃんと試せるところがよい。しかも渋谷辺りのドラッグは28パーセントOFF!!辺見えみり嬢もご愛用の様子。

投稿: さーや | 2005.11.04 19:42

重松さんといえば、今読売新聞夕刊に連載している
「空より高く」を読んでいます。重松作品は初めて読みました。
最初はなんとなく読み始めたのに話が進むほどに引き込まれて
毎日少しずつしか読めないのがもどかしいのです。
他の作品はわからないのですが言葉遣いがすきだなーと思います。

たいてい通勤電車の中で本を読むので文庫を買うことが多いです。
確かに読みたいと思ってた本って文庫になる頃には忘れてますねー。
みなさんのオススメもぜひ読んでみたいと思います。

投稿: もか | 2005.11.04 17:50

こんにちは。私、文章を書くのは好きなくせに、本を読むのが苦手なんです。本屋で「何読もうかなー」って悩むところからもうダメで(笑) 疲れちゃうんです。
オモムロニ。さんがオススメする本なら! 読んでみます、というか読んでみたくなりました。

投稿: GR | 2005.11.04 16:43

読みましたよー。
重松さんの本は、テーマが重くても
じとじとしていないところがよいです。
この本も、割と淡々と丁寧に書かれていて
感動!っていうより、心に残るって感じでした。

流星ワゴンは、私の重松心の第1位です。
今は文庫も出てるので是非読んでみてください。

おすすめついでに、IVANAの服はカワイイですよー。
毎回出るハンコプリントに目が行きがちですが、むしろ
シンプルそうなもの程着てみるとかたちが可愛かったりします。
ただ、スカートがでかいです笑
 

投稿: フジ子 | 2005.11.04 16:26

読みましたよー。
重松さんの本は、テーマが重くても
じとじとしていないところがよいです。
この本も、割と淡々と丁寧に書かれていて
感動!っていうより、心に残るって感じでした。

流星ワゴンは、私の重松心の第1位です。
今は文庫も出てるので是非読んでみてください。

おすすめついでに、IVANAの服はカワイイですよー。
毎回出るハンコプリントに目が行きがちですが、むしろ
シンプルそうなもの程着てみるとかたちが可愛かったりします。
ただ、スカートがでかいです笑
 

投稿: フジ子 | 2005.11.04 16:26

東京タワーも、その日が~も、どの書店に行ってもお勧めコーナーに並んでいて、すっごい読みたいんですけど、来月資格試験の為、我慢です・・・。試験が終わったらハシゴ読みしたいと思ってます。オモムロニさんも泣いたと聞いてますますテンションUPです。
私もSK-Ⅱはいつかは・・・と思っているのですが、1ヶ月に1本化粧水を開けてしまう私にとって、1本1万以上はキツイです。SK-Ⅱに踏み込んだが最後、出られなくなる気がしていまだヘレナで奮闘中です・・。

投稿: しろっぷ | 2005.11.04 15:56

>equipさん
「~させられる」こと自体が嫌いというより、
映画とか本とか舞台とか、よく「考えさせられる映画だった」とか
「この本を読んで考えさせられた」とか言う人いるでしょ。
このフレーズが大大大嫌いなのです。

何にも思いつかないのに深く考えてる風に
見せかけるために凄く便利な言葉ですけど
それゆえタレントでも人のブログでも使ってる人が多くて、
なんかこの言葉安っぽいなーっていつも思います。

>モッツさん
SK-2(ギリシャ文字使うとMacで文字化けするので)は
以前サンプルとか親のとか使ったんだけど
相当良くってね、でもそのときはまだ
「踏み込んではいけない領域」って感じだったんだけど、そろそろかしらと。
マスクは25歳ぐらいから、勝負日の前日に使ってマス。

>ジェニコさん
らしいねー、読んでから色々調べたんだけど
「泣き本」の定番らしいねー、この人は。
別に泣ける本読みたい訳じゃないけど、
読みやすかったから、流星ワゴンもみようかな。
「猫にかまけて」もそうらしいですね。噂は。

スックの1万円するクリームですね。サロンでやってもらいました。
あれ匂いがダメだったです。
マッサージ関係はestのヤツが一番好きかな。

>イトオカシさん
ホント、最初から文庫って選択肢は無いのかよといつも思います。
単価は安くてもそれの方が数は売れるのにと思います。
なんか業界の諸々事情や決まりごとがあるんでしょうけど。
読みたいと思ってた本も文庫になる頃には忘れてることが90%。

>patiさん
左のGoogle、たまにとんでもない広告が出てて驚きです。
今は老人ホーム検索サイトが出てます(笑)
ファッション関係のネタが続いた頃は
ついた広告も良かったからなのか、クリック率も高くて、
1日1500円ぐらい儲かってました(笑)
リリーさんの本、あまりに皆が薦めてるので
もういい加減話題に出したくなかったんですけど・・。
ワンワン泣きますけど、後で冷静になって考えると
結構触れどころというか、誰もが弱いところというか
ある意味でズルイ本かも・・と思ってしまったり(天邪鬼)。
でも読んでみる価値は絶対あると思いますよ。

投稿: オモムロニ。 | 2005.11.04 13:57

オモムロニさんコンニチワ。
この記事に対する皆さんのコメントを読んでいたのですが、
←のAds広告が何故か「ロデオボーイ」をオススメしていたので思わず書き込みです。
「その日のまえに」、良さそうなので是非とも読んでみたいと思います。
と思って早速図書館のHPから予約をしようとしたのですが
なんと予約待ちが303人もいましたー。早くも挫折です。
そんな訳で購入したものの未だに読んでいない
リリーさんの「東京タワー」から攻めたいと思います。

投稿: pati | 2005.11.04 13:37

重松清さんは、結構好きです。
お約束と言っていいほど、胸キュン場面が出てくるのが、逆に安心して読める。
でも、いつも文庫化まで待ってしまうのです。だって、新刊高いんですもの。。
椅子があって大好きな本屋で座り読みか!?

投稿: イトオカシ | 2005.11.04 12:40

こんにちは。

私は重松清は「泣ける」作家的イメージがあって
あえて読んでいません。
ちくしょー泣いてたまるか、
と思ってしまうアマノジャクです。

でも町田康さんの「猫にかまけて」
はべろんべろんに泣いてしまいました。
もともと町田さんの小説好きなのでエッセイも何気なく読んだのですが、
ヤバいですよ、この本。

ところで私も第二次お肌の曲がり角年齢ですが、
SKⅡよりスックの方がおすすめです。
特にスックのマッサージクリームとふき取り化粧水のおかげで
自分史上一番肌の調子良し!

投稿: ジェニコ | 2005.11.04 12:29

何か活字をそろそろ読みたいな、と思っていたので、
近々これ挑戦してみまーす。

SKⅡマスク使ってみたり、店頭でイロイロつけさせてもらったけど、
(スッピンで!ヒィ)
私はヒリヒリしたりして刺激が強い種類がありましたー
私も今、イロイロ曲がり角に打ち勝つアイテム
模索中です。

投稿: モッツ | 2005.11.04 11:53

泣きたいワケじゃないけれど
重松清作品を知らないので読んでみます。

オモムロさんは
『~させられる』って事全般が嫌いなのかしら。

投稿: equip | 2005.11.04 05:41

この記事へのコメントは終了しました。

« 2006年 手帳の旅 | トップページ | ワタシもエプロン、たてむすび »