« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

フロム ぬーよーく  part2

Centralpark3

実はまだNYにいたりします。本当は今頃機内で爆睡中なのに...。
というのも、直前で特典航空券を取ったがために、帰りはラガーディア→トロント→成田という、一人旅初心者にはかなりのチャレンジ便で帰ることになっていて、トロント行きの便が今朝さっそく欠航しやがりました。これがウワサのCANCELEDってやつね!と一人で興奮したのも束の間、日本人はもちろん、日本語が分かる人すらおらず、海外での遅延など初めての経験なので、何を要求していいのかも分からずマジで泣きそうになりました。行く直前に成田で入っておいた保険のスタッフに助けられ(空港の人と話して代替チケット取ってくれた)、本日は友達の家に出戻ってきました。

というわけで急にできてしまった自由時間、もうあまりお金を使いたくないので(つーか無い)、セントラルパークで一人ぼーっと本を読んでいました。ま、読んでたのは「三億円事件」なんですけど(笑)。今日は暑くもなく寒くもなく、カワイイ子供も多すぎで、最後の最後で癒されました。さて、明日は無事に帰れるのでしょうか。

| | コメント (25)

ぬーよーくの小牧ユカでーす

1おひさしの更新でございます。この画像ではにわかに信じがたいのですが、20日からNYに来ております。現地から更新する予定でしたが、毎日歩きすぎてヘトヘトで、どうやら無理っぽいです。予定は未定ってことで。帰って来たらまとめてレポいたします。とりあえず、NYは驚く程ワールドカップが盛り上がっていない...どころか、私を泊めてくれている友人はブラジル戦を終えてなお、「ところで、どこで開催してるの?」と聞いて来る次第という、まったく為にならない情報をレポしておきます。ちょっとずつですがSATCのロケ地巡りをしていますので、お楽しみに。

写真:Century21という激安デパートで出会ってしまった新潟ジャージ。

| | コメント (17)

銀チャリ

更新遅くてごめんなさい。相変わらず渡米の準備がままならず焦っています。実は意外とトロいので、常に準備は直前、試験は一夜漬け、今宵も♪ギリギリで~と、脳内でカトゥーンの皆さんが熱唱中です。地球の歩き方はまだ1ページも読んでいません。SATCの予習もままなりません。全て機内で何とかするつもりです。かなり不安です。

Muji_cycleで、タイトルの「銀チャリ」。見たまんま銀色の自転車って意味じゃなく(いや銀だけども)、「銀座」の銀。丸の内・銀座エリアにも程近い有楽町の無印にはレンタサイクルがあるのをご存知ですか?チャリが最も似合わない地帯ですが、殆ど坂の無いエリアなので、利用するとなにげに便利なのデス。そんな訳で、今回は「銀ブラ」ならず「銀チャリ」のススメ。

この電動アシスト自転車、ずっと買いあぐねてたのですが、「天然生活」でいがらしろみさんが乗ってる姿にやっと背中を押された頃には、製造・販売が終了。がっくし・・・。でもレンタルはできるというので未練たらしく借りてみました。すげぇー。電動電動~。

続きを読む "銀チャリ"

| | コメント (11)

早すぎる夏じたく

1~2時間使っているとPCがカチカチいいながら時々フリーズして落ちます・・。使いすぎ?おそらくWindowsの不具合だといふことで、再インストールのために毎日焦りながらデータのバックアップを取る日々です。オマケに今月下旬からNY行くので、その準備にバッタバタ。W杯も始まってしまうし、うーほとんどブログの更新もままならない状況デス。コメントやレスも遅れていてごめんなさい。少し遅れてしまいますが必ずレスいたします。

ところで来ちゃいましたね、ツユ。入っちゃいましたね、梅雨。私の場合苦手なのはその先の「夏」(暑さ)で、梅雨に入ると「あーそろそろ来てしまうのね」と憂鬱になります。しかしながら今年こそは何とか夏を克服したい気分。夏を楽しみたい気分。ま、たぶんムリなんでしょうけど(笑)、早くも夏っぽいアイテムを捕獲して(早すぎ)気分盛り上げ。

Sieraleone履きつぶしてしまうのでひと夏に1つ買っているビーサン、ハワイアナスには飽きてきたので今年はちょいとヒネリのあるものがいいなぁと思っていたところでヒトメボレしたのが、シエラレオン(SIERA LEONE by Gene.)のビーサン。

他にピンクや黒もありましたが、この柄とスタッズなら断然グリーンがオサレ!さっき見たら、ZOZOTOWN(↑リンク)にもありましたー。

続きを読む "早すぎる夏じたく"

| | コメント (17)

カメラブックじゃないよ

「カメラ日和」とか「LOVEカメラ」とか、最近カメラの本はとても人気がありますが、こちら本のカメラ、その名も「BOOK CAMERA」。ABCやヴィレッジ・ヴァンガードで目撃。

Bookcamera「いかにもトイカメラとか持ってそう」と言われるのですが、実はこれがファースト・トイカメラ。独特の色味やボケ具合、偶然オサレっぽいのが撮れたりするトイカメラの魅力は知りながらも、去年参加したポラのワークショップで、自分にはどーもそっちのセンスに欠けているということに、うっかり気づいてしまいました。

それっぽいのを撮ろうとすると、誰かのマネっ子120%だし、それよりもデジカメ写真をPhotoshopでLOMOやポラっぽく加工する方が得意だったりして。

でも古びた図鑑のようなルックス・サイズ・安さに思わず衝動買い。こんな感じで背表紙を縦にスライドして撮影します。110カメラで懐かしげな雰囲気に撮れるうえに、トイカメラでは珍しいクローズアップレンズで25cmまで接写ができるのです。キャスのiPodケースと同じくらいで手のひらサイズ。軽い。

まさにTOYなカメラですが、技量はさっぱりなので、被写体に頼ってまずはガーリー・トイカメラ族のお約束、バラでも撮りに旧古河庭園でも行こうかしら。

続きを読む "カメラブックじゃないよ"

| | コメント (25)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »