« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

夏の終わりのスネマメモ

ってもうすっかり秋ですけどね。暫くメモってないうちに何本か観ました。自分が好きそうなものを観てるんだから当然ちゃ当然なんですけど、最近自分の中のハードルが低くなってるような気がしないでもない。思考回路が単純化してきてるのか、余計なこと考えずに観る集中力が付いたのか、わりと何を観てもハッとしてグッときてばかりいます。

そんな訳でいつにも増して、どれが面白くて面白くないのか、さっぱり参考にならないスネマメモ、それもだいぶ前に観たのとか混じってますが、とりあえず8月と9月前半に観たものの中から、先日触れたサムサッカーを除いて、なんとなく覚書。長文。

続きを読む "夏の終わりのスネマメモ"

| | コメント (27)

散在刑事 旅の開放感編

デスパレートな妻たちオフィシャル・ガイドデス妻?デスパ?どう略すのが主流なの?未だに知らないのですが、久々に海外ドラマの話題「デスパレートな妻たち」の話題でもいかがでしょう。

ちょうど去年の今ごろ日本(BS2)でも放送が始まり、喜び勇んで観始めたわりには途中で見逃してばかり。結局DVD借りて第2シーズンに必死に備える今日この頃。そういえば今日の深夜から、第1シーズンの集中放送が始まるってことはさっき気づいた偶然。

続きを読む "散在刑事 旅の開放感編"

| | コメント (23)

HARAJUKU-GIRL

装苑 2006年 10月号 [雑誌]久々にラフォーレ原宿に行きました。装苑70周年のイベントを観に。今までもミュージアムにはちょこちょこ出没していたものの、お店をちゃんと見たのは5~6年ぶりかも。

最近の装苑で連載されていた、「ハッピーアニバーサリーケーキ」、間近でみてもこんなに精巧に丁寧に作られていたとは。また館内中に展示されていた800枚に及ぶ表紙、意味も分からず読んでいたあの頃、鷲尾いさ子は憧れのお姉さんだったよなーとか思い出す。

イベントは8月の終わりからやっていてもっと早く行きたかったんだけど、9月まで待った理由はコレ!9/3にラフォーレの2FにTOPSHOPがオープンしたのでそれもしかとチェック。

ほぼフルライン揃うそうで、開店日に行かないとダメ?ぐらいに思ってたんですが、原宿のヤングにはそんなに注目されてないの?いかにもTOPSHOPを見にラフォーレに来た的な大人がチラホラ。それにしても・・・・高っ、高いよ!本国のサイトをくまなくチェックしてから行ったので、思わず。TOPSHOPもH&Mも、トレンドアイテムが「安い」ことに価値がある(と思ってる)のになぁ。暫くはラフォーレでチェックして、海外の人にオーダー、かな。

続きを読む "HARAJUKU-GIRL"

| | コメント (21)

ロン毛の男子

今月はわりとネタがありそうな気がする(たぶん)ので間髪入れずに更新してみます。昨日は義母の誘いで林英哲さんの和太鼓を観てきました。10年ぐらい前のタバコのCM覚えてますでせうか、あの人です。「男一本、セブンスター」てね。とにかくスバラシ過ぎて、久々に手が痒くなるほど拍手しました。まだまだ知らないモノがいっぱいあるなぁ。

そしてその前日の金曜は、六本木のABCで行われたMJのサイン会に出没してみました。雑誌・宝島時代の(ほぼ)全仕事+αをおさめた、ベリーベストオブMJともいうべき「みんなのちんぱい」と、MJ責任編集の「みうらじゅんマガジン vo.1」(とにかくディラン祭)のダブル新刊記念のサイン会。2冊ともサインを貰えるとてもちろん両方購入。

Mj_sign2サインはこんな感じで、もう何万回と書いてるであろうこのお馴染みのイラストと、女子には名前の後に「女王様」を付けてくれる、微妙に嬉しい計らい。

ああいう場は恐らく得意ではないはずのMJが、自ら手を差し出して握手しているそのサービスっぷりに、やはり「面倒なことにプレイをつける」の精神(過去記事参照)で、「グラビアアイドルプレイ」を楽しんでいるようにも感じました。わりとご機嫌。

ちなみにサインしてもらっている最中は何を話していいか分からず、以前ブログでもうっかり皆さんに勧めてしまった全日本コール選手権の話をしたら、「あー買っちゃいましたか。いやホントにごめんなさい(笑)」と謝られました。私からも、ごめんなさい!

続きを読む "ロン毛の男子"

| | コメント (13)

手を振るときは両手で

先日お誕生日を迎えられたばかりの辛酸なめ子センセイがその日にこれまた縁起のいい「セレブドリル」なる本を新刊、ネット注文のタイムラグを待てず、発売日に本屋へ。

セレブの条件(例:パーティは15分で帰る=セレ引け)から始まり、大きな単位のお金に慣れ親しむための計算問題や、セレブに学ぶノーブラレッスンなど、文庫本強の本の中に、サスガのなめ子的洞察。読んでいるうちに自然とセレブになれる気がする、偏ったセレブ・レッスンが満載。
shopping amazon楽天ブックス

続きを読む "手を振るときは両手で"

| | コメント (10)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »