« Relax, Open, Enjoy | トップページ | monster in my daydream »

暖かくして涼しい夏

090801

ひょっとすると今年は織田さんがまた前のめりになる夏ですか。
夏は苦手と何度となくココに書いてる気がしますが、実はちょっと異変が。
“夏は機嫌の悪さ3割増、7月には既に脳内はあき竹城” でおなじみの!!
ワタクシめが、この夏はエアコンを全く使わず穏やかに過ごせているのです。

確かに今年は冷夏ってこともあるんだと思うんですが、朝起きて
「いやいやいやいや・・・今日こそはギブ!」 っていう暑さの日も
ひとっ風呂入れば、意外と扇風機の弱モードで十分だったりして。
さすがに夏好きにはなってませんが、今年こそは夏嫌いを克服?!
西田ひかる(のアレが)頭の中でまわっています (古スギ)

もしかしたらそれは、去年からこっそり始めた『冷えとり』 の効果なのかも。

暑さを凌ぐために体を温めるって一見矛盾してる気もするんだけど、
上半身を涼しく・下半身を暖かくすることで全身の体温バランスが整って
室温がそんなに低くなくても、暑苦しさを感じないんだそう。

とはいえ、冷えとり健康法をそんなにストイックに実践してる訳でもなく
所々オレ流混じりなので何か人に指南できるレベルでもなく、
(間違った情報もあったり、諸説色々とあるみたいだし)

  ・家では靴下重ね履き、レッグウォーマーに服ゆったり、
   時々湯たんぽ腰に当て、ご期待以上のほっこり系
  ・ぬるま湯つかって半身浴、雑誌とラジオでネタ集め、
   ラジオはもちろんAMで、サブカル力もしっかりチャージ
  ・いつものレペットBB(ベベ)からJAZZへ、冷える純一履きに、say no!

(若干ラップ調なのが自分でもどうかと)
つまりまぁ、徹底してるのは“とにかく体(とくに足元)を冷やさない”ぐらいで
あとは周りに気を使わせない程度に日々少しずつ意識する程度。
それまでの怠惰な生活ゆえに、いわゆるデフォルトが酷すぎたせいもあって
体の変化は特に分かりやすかったのだけど、最近不思議だなーと思うのが
冷えとりの嬉しい効果として挙げる人も多い、精神的な変化。

“心の冷えが取れる”とか言われたりしますがホントにそんな感じで、
最近イライラしたり焦ったり凹んでる時間が減ってきた気がするのです。
もちろんそれがゼロになんかならないけど。

血の巡りがよくなって、そしたら気の巡りもよくなって、
知らないうちに気持ちがopenになってきたのか、気づいたらここ最近
新しい友達が増えたり、嬉しいご縁も続いてる気がする・・のです。
暫くそういうことで悩んだり焦ったりしていたけど、原因は自分だったんだと。
“自分(の体)と向き合う”なんて頻繁に耳にする言葉も、常套句すぎて
今まで自分はものすごーく浅いところで捉えていたのかなーと。

090802

これ以上切々と語りだすと何かスピリチュアルな話になっちゃうので止めますが
なんか気になってきたよ。でも自分に合うかなぁ・・という人には入り口として
全力でお薦めたいmurmur magazine。私もきっかけはこの創刊号(右)。
洋服屋さん(フレームワーク)に売ってるのでご存知の方も多いかと。

持ち歩いてサラっと読める手軽さなのに、隅々まで読んでみると
すごーく真摯な気持ちで丁寧に書かれているなーっていうのが伝わってきます。
(「冷えとり」をヘンな横文字のネーミングにしたりしてないしね!)
でもナチュラル志向独特のあの感じ、なんて言うんだろう・・
(読んでると、地に足着いてない今の自分に余計凹む・・・みたいな?)
そういうのが全く無くて、号によっては70年代のアンアンとかを髣髴させる
フォントやレイアウトだったり、HPや編集長さんのブログも適度に軽やかで
毎号楽しみにしてます。ちなみに最新号(左)も夏こそ冷えとり大特集!
shoppingスタイルクルーズ

そろそろ 『月刊オモムロ』 を卒業しなきゃと、
幾つかネタを鋭意準備中。今月こそはね・・・。
冒頭の涼しげな画像は、久保裕子さんの「石文鎮」という作品。
小さな池を上から覗いてるような感じで、こんな風に光が当たると
ユラユラと輝く水面まで表現されていて、涼しげ!一目ぼれでした。

オマケ:冷えとり入門
      
その他の「冷えとり」アイテムを探す

|

« Relax, Open, Enjoy | トップページ | monster in my daydream »