酒気帯びエンターテインメント

dvd_call全日本コール選手権 with みうらじゅん

R25でも紹介されてたので取り上げてるブログは数あれど、「見た、買った」という記事がなかなか見当たらないこのDVD、もちろん買いましたよ、ええ。

一応これが何なのか軽くジャブっとくと、「コール」ってのはお察しの通り、1985年にKO-BOYが「一気!」という掛け声で流行語大賞を受賞して以来、大学生の必須科目、っていうかもはや学生で卒業しとかないと恥ずかしい、酒の一気コールのこと。

いかにバカバカしく、いかに気恥ずかしく、そしていかに社会人をイライラさせるかを目標に、PLAY CALL(無礼講)!の合図と共に始まる、我を忘れた一気コール。それを全コー連のMJが本当に独断だけで勝負を決める泥酔厳禁のトーナメント戦。
で、夫婦揃って週末の夜長に観たんですけどね。

もうね・・・くだらない。本当にくだらない(笑)。

いつもの「ユルい」ってのとも違うし、「ヤバイ」ってほどヤバくないし、何ていうんだろうこの感じ。DTパワーと下ネタが満載すぎて、オサレウィメンズには決して勧めてはいけないけど、MJフリークには無理やり着払いで送り付けたい1枚。ま、何が面白いってやっぱりみうらさんが面白いんだけど。天才だよ。ちなみにコレ、エンディングは大事MAN(笑)。

mj_kitte欲しいかも・・とか思っちゃった「どうかしてる」貴女へ、amazon楽天へのリンクを付けときましょうか。そしてさらにどうかしたい貴女には、こちらのみうらじゅん写真つき切手をどうぞ。

オマケ (Yahoo!動画)
スライドショー7 「みうらさん、あんた米粒大だよ!」
本当に米粒大でした。2/28までの公開なんで・・・・急げ。

| | コメント (27) | トラックバック (3)

カニがチョキなら味はグー

「大人げない肌」と「街なかで浮く唇」を学びに、資生堂マキアージュのメイクアップセミナーへ出没した後、およそ篠原涼子とは程遠いフルメイクで中野へ。待ちに待った、みうらじゅん&いとうせいこう「スライドショー9」。3年ぶりの開催。私も6回目の鑑賞。

スライドショー9中野駅に着くと、「郵政三事業」と「マイブーム」で共に流行語大賞を取ったじゅん・じゅんコンビ(MJ談)の相方が、オープニングアクトとして中野駅前のオーディエンスを暖めていました(こちら)。首相が前座とは、さすがだねMJ。

毎度のことながら、「次は何ブームだ」とワクワクして待つ期間、そして期待を裏切らない新たなブームに「やっぱどうかしてるよ(笑)みうらさん!」を会場全体が共有するこの瞬間、たまらない。

最近はKBT(=兜)にご執心のようで、毎回お楽しみの“いやげもの”、今回はこのKBT。会場に入ると座席の上にずらっと鎮座。勿論いい大人2000人が喜んで一斉に被りましたけど、なにか。ちなみにコレを入れて帰る袋は無いという、「帰るまでが遠足」的なKBTの民営化プレイも楽しみました。(新宿駅あたりから恥ずかしい)

KBT

ちなみにこのイベントの模様はWOWOWで放送決定。そちらをご覧になる方は、以下ネタバレあるのでご注意を。 10/26(水)深夜0:10-  More info.⇒WOWOW

あんまりちゃんと準備してなかったらしいけど、相変わらず「どこで撮ってきたんだ(笑)」っていうくだらない写真と、せいこうさんの天才的なMJいじりの応酬。

tuka特に笑えたのが、ツーカーSの小林桂樹&藤岡琢也(とくに琢也)の絶妙な表情を達筆なイラストに。

実はこのCMと特大パネル広告の2人の表情と肌が間近で見ると相当ヤバい(いろんな意味で)と旦那に訴えていたばかりで、やっぱりMJも気になっていたのね、と小躍り。

あとは韓流スターを単語帳を使って覚えるネタに爆笑。表に「チャン」と書いてあって、裏にはドンゴン。時々ひっかけで「ピ」とか「ヨン」とか書いてあったりします(笑)。

他には・・・(完全に自分のための覚え書き)
 ◇鳩ブーム(ポケットから鳩出していた)
 ◇カニパンブーム(旅行代理店にあるカニのパンフレットばかりを集めるブーム)
 ◇プチやくざブーム(ロレックスをはめる)
 ◇ローリング銅像ブーム
 ◇デブ・ハゲなど負の単語から濁点を取る活動
 ◇SBC(=サビシー)
 ◇海女のマイレージ(=アマイレージ)に続き、墓参りごとに溜まる「墓マイレージ」
 ◇北島三郎記念館(ちなみに同じところにGLAY記念館も)
 ◇1人で風太くんを見に行った夏の思い出
 ◇巨人元木大介の絵馬(子作り・初心)

覚え書きで思い出し笑い。もはや記事のオチも浮かばないのでネタバレはこの辺で。
これがその。カニがチョキなら味はグウ。(食べる人はパー?)
カニがチョキなら味はグウ

オマケ オサレなほうのMJ
mj_bandmj_tie


シゲキブツ, 時々MJ | | コメント (18) | トラックバック (6)

歌舞伎町的ガーリー

辛酸なめ子先週末、後輩のH嬢を道づれにして新宿ロフトプラスワンへ。
辛酸なめ子のガーリーナイト」に出没。食べ物飲み物をつつきながらトークショーを楽しむ歌舞伎町のディープな空間。かなり久しぶりに行ったのですが、相変わらずマニアックさに磨きが掛かっている模様。今後のイベントスケジュール↓もやはりハンパない(笑)。

これじゃよく分かりませんけど・アニソン1000曲メドレー大打ち上げ呑み会
・おニャン子メモリアル☆2005
・「裁判傍聴のススメ」裁判の裏側全て話します
・宮崎吐夢のお誕生会
・高橋名人とYMCKの「ジョイント!! 」
・B&B・島田洋七の笑魂伝承vol.22

で、そのイベントですが、なめ子氏が撮りためた人間観察の記録(写真)を、その時のエピソードを交えてぼそぼそと小言で解説していく集いで、まぁ簡単にいうとMJのスライドショーのような趣なんですけども、その切り取る対象がなめ子流。

相田みつをバスツアー、正月の一般参賀、マイクロダイエットのコンテスト会場、名門や高偏差値女子高の文化祭、五月みどりの個展、ブリトニーやヒルトン姉妹の来日、東大の入学式、N.E.R.D.の中にに混じるとふて腐れている中学生に見えるNIGO、コスプレができる茶摘み体験イベント、そして先日の4様来日で群がる奥様・・・。

若干既知ネタがありつつも、本人の小言解説で面白さ倍増。「ヒガミカリィ」だけあって東大美女や東京女学館の制服に対する観察力はサスガです。

ただひとつ残念だったのが司会進行の文藝春秋の人(新刊の担当者)と井上トシユキって人の進行が酷かった。イチイチ入るツッコミが思いっきり「西」のテンションで、まるっきり彼女のトーンを端折る上に、そうではない趣旨の写真に「萌え」を連発していたり、担当者の人も、さほど詳しくない私でさえ「この人実はそれほどなめ子イズムを知らないのでは?」と首をかしげてしまう発言が多々。

MJのスライドショーが毎回最高なのは、MJの面白さはもちろん、絶妙なタイミングでツッコミを入れたり入れなかったりする、せいこうさんが天才なのだと改めて実感。ちなみに、あまりになめ子氏のガーリーを履き違えてるので途中で回収されるアンケートに思いっきり書いてやったら、休憩後の第2部ではかなり静かになっておられました。

第2部は、中村うさぎ女史をゲストに、セレブでビッチな人(=なめ子語でセレビッチ)や虚言癖男についてのフリートーク。神田うのはイメージ通りで本当に素でもあんな感じなのだとか、なめ子氏がかつて遭遇した虚言癖男をまさに知っているという女子が会場に居たり、両端のおじさんたちが静かになってくれたおかげで盛り上がりました。

ちなみに、もっと婦女子の集いだとばっかり思ってたら、こんな時間に新宿に来れる時点で、ウダツが上がらないこと確定のスーツ姿や、オジサン、オタクっぽい男性が多くてビックリでした。さすがはロフトプラスワン。さて、今週末は真打ち、スライドショーですな。

関連ページ
女・一人日記 … 池松江美 (公式日記)
イベントレポ (LOFT PLUS ONE 写真秘宝館より)
辛酸なめ子とは (Wikipediaより)
辛酸なめ子インタビュー (Excite BOOKSより)
辛酸なめ子/池松江美 (DAZED&Exciteより)
スペシャルインタビュー (Photoback.jpより)

新刊案内
ほとばしる副作用ほとばしる副作用 文庫版 辛酸なめ子 著
9月10日発売 ¥530 (文藝春秋)
「サイゾー」をはじめ、色んな雑誌での連載やコラムを集めた一冊(2003年発売)が単行本化。なめ子入門にはピッタリの一冊ではなかろうかと。精神世界修行のアブナイ現場取材から、女子アナ・アイドルへの辛口分析まで、ホント、才能ほとばしってます。

レコメンド
アイドル万華鏡処女☆伝説―オール・アバウト辛酸なめ子ヨコモレ通信電車でコラ 辛酸なめ子の<生首コラ>セレクション<br />
辛酸なめ子の千年王国

| | コメント (7) | トラックバック (0)

他力本願寺

これがホントの石アタマ今月の流行通信読んでたら、「金沢行きたい」熱が沸々と微熱DANJI気味。小京都の町並みとか、21世紀美術館とか、ありきたりな金沢熱に加えて、なぜか今さら、石川さんブーム。

と聞いてすぐに分かったアナタとは仲良くなれそう。ご紹介しておくと、こちら石川テレビのマスコットキャラ「石川さん」。癒し系ゆるキャラとしてMJに発掘され、昨年の「郷土LOVE 2004」では東京ドームにも見参、その名を(非常にニッチなところで)全国区にした石川さん。

石川さんグッズちょっとルミ姉にも見えなくない石川さんですが、勢いあまって、いわゆるMJ語でいう「こじれた」グッズが満載です。「石川サンダル」って分かりにくいダジャレで攻めてみたり、公募で選んだTシャツがどっかのレコード屋のコピーをパクってたりして、なかなかイイこじれ具合です。

グッズは通販で買えるけど、石川テレビを観てると、至るところで七変化する石川さんが堪能できるらしく、やっぱり行きたいです。そう、いつだって旅の動機は不純です。

そんな石川さん in 東京ドームもおさめた「郷土LOVE 2004」のDVDが9/7発売。って石川さんが、このDVDを宣伝するためのタイアップ・ネタみたいになってる・・・(こういう原稿書くの得意だったな)。別に誰にも頼まれてないですから。

MJこねた 
他力本願でいこうまた直前の情報ですいません。築地本願寺のイベントにMJ出演、なんと無料。ちなみにこの日は16:30まで京唄子の講演会があるというプチ情報。
本願寺LIVE 2005 -他力本願でいこう!-
8/6(土)17:00-21:00 築地本願寺 入場無料
出演:MJ、安斎肇、サワサキヨシヒロ!、漁港ほか
http://www.higan.net/live2005/

さらにオマケ
サブリミナルMJ左の特集メヌーに「サブリミナルMJ」を追加。図らずもついMJの話題がBlogに紛れ込んでしまう非モテなアナタ、いや逆にモテ過ぎて困るのでこれでバランスを取りたいアナタ、どうぞご自由にお使いください。

あれー今日こそは短くおさめるつもりだったんだけど・・・。んー。

| | コメント (15) | トラックバック (3)

久々更新でコレかい。

目黒帰還。母は手術の次の日にはピンピンして「○○のプリンが食いたい」だの「WOWOWの福山特番を録画しろ(ちなみにそれは7月)」だの、中1時代を思わせるパシリっぷり。いや、中1ん時だって私はパシリなんかしてなかったわ。

そんな感じで術後も順調。担当医(男)が内股気味だったのがひとつ気になりましたが、コメント等下さった方々、ありがとうございました。長い長い待ち時間のおかげで、雑誌もヤマダかつてなく熟読してきたので、また無駄な情報をガンガン書いていきます。

7じゃなく00・7シベ超祭り in 新文芸坐 & 
第14回日本映画批評家大賞 功労賞授賞式
7/1(金)22:30- 池袋・新文芸坐
〔ゲスト〕みうらじゅん、水野晴郎、西田和昭
上映:シベ超5、シベ超4、シベ超00・7

MJフリークには皆まで言うなの情報ですが、つまりはオールナイトのシベ超。 「24」を一気に制覇するイベントなみに、会場に妙な一体感が生まれそうなイベントです。

日本映画批評家大賞・功労賞」をMJは受賞していたのですね。受賞者を見るとかなり本気と書いてマジと読むちゃんとした賞のようです。イベントでは「勝手に」トロフィーの授賞式をするらしく、閣下の祝辞(名言)も気になるところです。

実はシベ超、1しか見た事ないんですが実は2が面白いとの噂。全部見るのはシンドイんで、シベ超シリーズがお好きな方、オススメの1作を教えてください。

オマケ 
水野事務所のBLOGがヤバいです。閣下の「列車男」がもっとヤバいです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

All you need is Laugh !

みうらじゅん&いとうせいこう ザ・スライドショー9
ザ・ロックンロール・スライダーズ 「みうらさん、第二期かよ!」

9月10日(土)/東京・中野サンプラザホール 開場17:00/開演18:00
※入場者にもれなく、特製のオリジナルみやげ(=いやげもの!)付
詳細:⇒ARK(一般発売の詳細は6/9に発表されるやう)

古いけどツーショット3年ぶりのスライドショーきた!ラフォーレ、渋公、武道館、そして遂にハワイときて、次はどこかと思いきやハロプロの聖地、中野(笑)。でも武道館を即完させてるだけに、チケットは争奪戦間違いナシ。次はいったい何ブームでしょうか。どんないやげものを貰えるのでしょうか。この写真古すぎですね。(約6年前の私のHPから)

というわけで、MJの粋な発言をあつめたHP、「みうらじゅん発言集 350選」を。
非モテとわかっていながらも、MJ信者を公言せずにはいられません。
「『頭がパックリ割れた』って言うけど、『パックリ』っていうことでポップな感じになってるよね」
「学生が社会から信用されないのは、昼からヤってるからだよ」
「海女さんが潜れば潜るほどマイレージがたまる『アマレージ』があればいいよね」
「投票箱ってダサいから吉田カバンにすればいいのに」
「『アルフィー占い』っていうのがあったらいいんじゃない?」

オマケ
↑の迷言にもありますがMJが一時期いろんな意味でハマっていた、THE ALFEE。スライダーズのHPによると、どうやら高見沢氏の番組にゲスト出演するようです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

KEEP ON !

新・東京の仕事場新・東京の仕事場
木内昇 著 \2,520(平凡社)

パラパラっとめくって、「きた」って感じで値段気にせずお買い上げ。有名なクリエイターたちの個性的な仕事場を紹介してる本なんだけど、個人事務所とか自宅の人が多いこともあって、普通にインテリア本として勧める一冊。

風情ある外観が気になってた雑貨ショップtote、仕事でお会いしたことのある中原さんのランドスケープ・プロダクツ、オサレ度とオタク度のバランスがイイしまおまほちゃんの部屋、カンペキ過ぎてツッコミの余地無しTUGBOATのオフィス、そして我らがみうらじゅん・・・等々。

川内倫子さん等の写真も手伝って、非常に、模様替え心を刺激されたインテリア特集を読んだ感じ。何かうまく説明できないけど。特に好みはDouble Ow Eightの雰囲気かな。タナカカツキ氏の仕事場、奥まった作業スペースが妙に落ち着きそう。

この本のオススメ理由としてもひとつ、ただ部屋の写真をツラツラ載せただけじゃなく、添えられたレポートも充実していて、その部屋に遊びに来た気分に(ちょっとだけ)なる。何度もタモリ倶楽部で観ているMJの仕事場も、実はこの部屋でちょっとストレス抱えたり疲れたりしてるんだなって、以前MJのトークショーで聞いた話(過去記事参照)とかを思い出した。

そのレポートの最後で、「努力は面白いよね。『努力って言葉は嫌い』って人もいるけどさ、それが報われなかったりするのもまたいいんだ。無駄な努力って一番面白い。なにか必死でやってさ、『水の泡』ってのがいいんだよ(途中略)」にグッとくる。嫌なことに「プレイ」を付けるみたいに、水の泡に「水の泡賞」とつけて面白さに変えていく、MJのキープオン精神、見習いたい。

って話は反れたけど、とりあえずコレ読むとビスレーコンボアーロンチェアiconが欲しくなりますので要注意。

Spotting」 著者の木内昇さんがやってる季刊誌

| | コメント (0) | トラックバック (3)

非モテ系週末

金曜はスペシャ列伝で新宿LOFT。ANATAKIKOU風味堂セカイイチの順で出演。髭はロックなんだけど岡村ちゃんとか松岡英明とか?の80's後半なEpicソニー的ニオイを感じるね、と女子面々談。セカイイチは「ライブいいよ」の評判通り。

cocolog_02.jpg紹介されているココログフライヤー、事務局の人がわざわざ送ってくれた。
"大人デスカラ"をいいことに(?)正当化される物欲を披露し、気になる人(みうらじゅんの登場多し)や音楽、CMをピックアップし、映画やライブ等テンションあがる刺激物について語り、世間のニュースにも目を配る。歯切れよいトークで小気味よいブログ。

というわけでMJネタを補充。度々ネタに書いているネットラジオ番組「みうらじゅんの仮性フォーク」。1回1時間を軽く超える放送時間にして今回で第38回、いよいよ最終回。38回連続ゲスト出演の山田五郎がセレクトするMJの名曲迷曲ベスト10。最後にふさわしく、山田さんからステキなプレゼントもあり、感慨深く終了。MJで涙腺緩むとは・・・嗚呼我非モテ。

♪本日のハナウタ:「ロンリー・ハーツ・ライダー・オン・ザ・ハイウェイ」/みうらじゅん 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

MJ meets K-DUB SHINE

青山ブックセンター支援で洋販が名乗り(NIKKEI NET)
嬉しいニウス。買うから。マジで買うから。

あ、今始まったTR2最近話題のK-DUB SHINEがゲストじゃないですか。MJがテレ東で朝方ハロプロ勢に混ざって流れてるPVを観ていたく気に入ったのだそう。いつになく饒舌B-BOY口調なのがオモロイ。超文化系をいいことに、普通にK-DUBに「ヤンキーの人って」とか言ってる(笑)。さすがです。軽ーくユルーくDisネタも聞いてるし。あ、2chでも実況されてますなぁ。

dai3K-DUB兄さんと言えば、スペシャの「BLOCKS」でRhymester宇多丸師匠とやってるコーナー「第三会議室」(写真)は超爆笑deオススメ。ってかただのワイドショー的雑談なんだけど、毎回爆笑。番組HPでストリーミングもやってるので、ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリエイターとしてのMJ

そぼ降る雨の中、そーっと早退して渋谷神南のカフェ、Spumaへ。Directorsマガジンクリーク・アンド・リバー社主催のクリエイターズフォーラム「奇才!みうらじゅんのクリエイティブに迫る!」に行ってきた。

カフェの雰囲気に不釣合いな司会者のスーツ、開演前の入念すぎてウザイ注意事項が少し興ざめするも、MJは期待通り「最も似合わない」と自称するスカジャンで登場。分かってる。会場からの質問に答えるトークはずっと「小笑い」が絶えない。

mj02今回はクリエイター系雑誌やWEBで募集したイベントというだけあって、映像系・ゲーム系・WEB系を中心とした業種をナリワイとする人たちが多数。質問もいつもの調子より少しクリエイティブ寄り。

「仕事に煮詰まったり、上手くいかなくて落ち込んだりした時はどうしてますか?」などの具体的な質問が飛び交う。ちなみにそんなときは、

辛いこと・嫌なこと全てに「ブーム」と「プレイ」という言葉をつけてみる

笑えるけど確かにイイかも・・。また、MJが今学生だったら間違いなくどっぷり浸かっているであろうWEBやネットの世界についても、「用語が、なんかコワイよね・・・アクセスとか。いっそのこと「森のくまさん」とかそういうレストランで頼むとき恥ずかしいメニューの名前みたいな面白いネーミングにしたらいいのに」といってまた小笑いを誘っていました。

そして一番印象に残ったのが「みうらさんは今本当に好きなことがやれていますか?」という鋭い質問。「いつもそう言われるけど実はそうでもない、日々何かに追われているから」と。答える顔が少し真顔だったのが印象的。でも何か分かるような気もする。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

意外にNHKと相性がイイ

mj01私のユルユルな腹筋を時々鍛えてくれるMJ。明日の「スタジオパーク」に生出演とのこと。おそらく「ゆるキャラ」と共に。必見。

NHKと言えば、NHK教育でやっている「金曜書きこみTV」で子供たちにまで「ゆるキャラ」を啓蒙しています。同じく「見たことない似顔絵」のコーナーでは天野祐吉とか杉作J太郎とかを想像で書かせてます。子供たち、分かってる(笑)!

追記
なんと国会中継のために延期になっちゃったよ、ちぇ。3/2になった模様。慰めついでに、今すぐネットで楽しめるMJワールドをどうぞ。
マイクサイドボクシング 俺に言わせろ (吉田照美のやるきMANMANより)
みうらじゅんの青春ノイローゼでショー (BARKSより)

| | コメント (3) | トラックバック (0)